玉串奉奠というのは

bride and groom at the ceremony

神前式で挙式を挙げる際にも、絶対にとり行われる神聖な儀式として、玉串奉奠が存在します。玉串奉奠は、仏式の焼香にあたるもので、使われる玉串には「紙垂」と呼ばれる特殊な断ち方をして折られている紙がくっついております。文献での紙垂の例に、古事記にある天の岩戸伝承の中に記載されている、岩戸の前で賢木の枝に付けてある「白丹寸手」と「青丹寸手」がまさに初出と言われているんです。では、玉串奉奠がそもそもどのようなタイミングで普段から行われているのか?神前式での挙式以外にも、安産祈願や七五三、その他色々な祝い事の他、葬場祭でも玉串奉奠はよくとり行われます。つまり、人によっては神前式での挙式を体験していなくとも、既に何度も玉串奉奠を見たことがある方も居るかもしれませんね。それでは、神前式の挙式でスムーズに玉串奉奠をとり行う為にも、ここでちゃんと正しい儀式のやり方を伝授していきたいと思います。まず最初に巫女さんなどから玉串を受ける際に、根元部分を右手で持つようにし、一方の左手は玉串の先の方を支えるようにして持ってください。位置は常に胸辺りに持つこと。そして祭壇の前まで歩き、一礼を行います。左手で支えながら、今度は右の手のひらを返してさらに玉串の頭を前向きにして持ちます。玉串を立てて、今度は両手で根元を持って祈りを捧げてください。右手を葉の下から支えて、玉串を右回りに回転させます。根元を祭壇に向けて、目の前にある台にそっと乗せてください。そこで一歩下がり、また一礼します。最後に神前式の挙式なので、拍手を二回行います。ちなみに祝い事ではない時の場合は、偲び手を二回打つことになるみたいです。ここまでマスターすれば、もう神前式で挙式を挙げるのも怖くはありません。